ほとんどのバスに用いられている遮熱塗料

自動車というものは、とかく熱がこもりがちです。
たまに自動車の中で、ちょっと熱中症が発生している事もあるようですね。
自動車の中でエアコンが効いていれば問題ないですが、残念ながら一部の自動車はそれが効いていない事があるのです。
それに伴って熱中症などによる事故が発生するケースも、たまにあります。
気をつけたいものですね。

そのような事例がとても多いので、最近では自動車に対して遮熱塗料が用いられている事も多いと言われています。
特に自動車の屋根の部分に対して、それが使われている事が多いのですね。

ただし一般車に対しては、あまり普及はしていないようです。
ただしその塗料に対する需要は多いらしく、まだまだこれから普及していくとは思います。

逆に一般車ではなく、社用車に対してはそれが用いられている事が多いのですね。
特にそれが顕著なのは、バスです。

やはりバスも例外ではなく、その中に多くの熱が蓄積されてしまう事が多いようなのですね。
そしてバスのエアコンを効かせるにしても、色々と費用がかかってしまうでしょう。
もちろんバス会社としては、それを節約したいと思っているのです。

このため既にほとんどのバスに対して、遮熱塗料が用いられているのだそうです。
それを用いた結果、バスの中の温度が20度近く減少している事例も見られるのですね。
バスに限らず、最近は社用車などでもその塗料が用いられている事例が増えてきています。

そのような状況なので、やはり今後は一般車に対してもその塗料が用いられる事例も増やしていこうと日々努力を続けている会社があります。

日本ペイント株式会社