他の差別化を図る歯科看板とは

近年 歯科の数は激増しコンビニよりも多いと言われています。
そのような環境の中で生き残っていくには歯科医師の確かな技術力も必要ですが、まずは世間に対してここに歯科医院が存在するという事をアピールする必要が有ります。

その為、各歯科医院は独自性を打ち出した歯科看板を作製していますが、看板作りにおける基本を考えてみたいと思います。

歯科看板製作に必要となるポイントは3点あり、これをしっかりと把握して作製しないと看板の目の前に立たないと気が付かれないような意味の無い看板となってしまいます。

その1点目は業態を伝えるということ。
遠目に見ても、その場所が歯科であることを印象付ける役割を持っており歯を連想させるようなイラストや、文字を使用して視覚的にアピールを行います。

2点目は歯科医院の特徴をアピールするということ。
ここでは他院と比較されても負けないような強みをアピールすることが必要になります。
しかし重要になるのは売り上げや患者数のような営業面での露骨なアピールをするのではなく、医療法の範囲内において
様々な視点から見て患者が比較検討出来る様な小さな差で構わないのです。

3点目は診療に関する時間等の詳細を伝え、入りやすさを演出するということです。
これは興味を持って近づいてくれた患者の心理的な圧迫を軽減させて、中に入って貰うのが目的となります。
その為にイラストや照明を設置して明るい雰囲気を演出させる等の工夫を凝らす必要があります。

この3点を意識して歯科看板製作すれば医療法という制限の範囲内であっても、他院と差別化を図れるような歯科看板を作ることは可能だと思います。
そんな歯科医院の看板の色々が分かるサイトがあるんです。一度、覗いてみて下さい。。きっと、興味がわきますよ。
http://portal.nifty.com/kiji/140421163907_1.htm