月別アーカイブ: 2017年1月

ポジティブすぎる夫に現実を教える日々です

夫が行儀悪くて何度も注意しているのですが、聞く耳を持ってくれません。
まあ家族とはいえ元は赤の他人ですし、そんな人間に生活態度を注意されてもなかなか納得できないでしょうけどね。
その気持ちはわかります。私も育ってきた環境が違う人間にやいのやいの言われるのは嫌ですからね。

なので細かいことは言わないようにしているのですが、非常識なことに関してはダメだよと注意しています。
子供がいるので手本になってほしいんですよね。

ですがそういった常識的なことでさえ聞いてくれず、最終的に怒るので困っていました。
しかしこの前夫のお母さんや妹にお話をしたところ、夫は怒られてへこんでいましたよ。
私が言うより自分の家族が言った方が聞いてくれるもんですね。
散々責められて、しょんぼりしていました。
私はかねてから怒ってもらおうと計画していたのですが、私が夫の行儀の悪さを告げ口し始めた時の夫の顔が忘れられません。
真顔で私を見ていましたよ。
なんで言うの?マジで?とでも言いたげな顔で、何度思い出しても笑えます。
私に怒られるのは怖くないし鬱陶しいだけだけれど、お母さんと妹には怒られたくないんでしょうね。
怖いのだと思います。
その後、怒られている時はずっと遠くの空を見ていましたからね。
夜になってなんで俺があんなに怒られなきゃいけないんだとグチグチ言っていましたが、怒られるようなことをするのが悪いのだと教えてあげました。
それにしても大人になって行儀が悪いと叱られるなんて恥ずかしいことですよ。
本人にも恥じてもらいたいんですが、ポジティブなのでなかなか自分を責めてくれません。
いつまでも子供のような自分はかわいいでしょと思っていそうなんですよね。
男性ってこういったやけにポジティブで自分に自信がある人が多いですよね。
少しは冷静に自分を見つめたりしないのだろうかと思いますよ。
夫にたいしては、大人の男をかわいいなんて誰も思わないからねとはっきり言っています。
ポジティブすぎるのも考えものですよ。
rikon

歯科医院に最後に行ったのは確か20代後半だったかな・・

私は母親に似て、生れつき歯が丈夫です。

でも今のように3度の歯磨き実行世代ではないので、子供の頃は夜に歯を磨く習慣もみんななかったし、学校に歯ブラシを持って行くということもなかったし・・朝起きての歯磨きだけでした。

それ故に当然虫歯くらいはありました。奥歯に何本かですが。
20代後半に左下の奥歯が根っ子だけになってしまい、それでも痛くはなかったのですが、仕方なしに歯科に行きました。

そこから随分の年月が過ぎた去年、歯石が気になり、それに伴って口臭も気になり・・またまた仕方なく歯科に行ったのでした。
その歯科医は驚いていました。私が○○年歯医者に罹ってないのを知って。。「歯が丈夫なんですね・・・虫歯治療はありませんでした。新たに出来た虫歯はなかったのでした。
私の母親は高齢になっても入れ歯は1本もありません。

母の親・・祖母も最後は前歯だけさし歯にしてましたけど、入れ歯ではなく自分の歯でした。
遺伝ですね・・歯だけでなくて骨も丈夫です。

虫歯治療が必要でなかった私は歯石を取るだけで、初めは2週間おき、段々ひと月になり・・今では3か月に一度、歯石の除去に行っています。
この歯科医はまだ開業してそれほど経っていませんし、ドクターが若いので、人によってはもっと年齢の重ねた・技術も長けている歯科医の方がいいと言いますが、私は何となく相性もよくて、感じもいい先生なので「ずっとここでいい」と思っています。

医院も綺麗だし・・昔は歯医者ってあまりなくて、地域で二つしかなかったのに、今はちょっと歩くと歯科医院の看板
増えたこと増えたこと・・人口の増加に伴って。
歯科医だけでなく、内科も増えましたけど。

歯科医と言うと、私は思い出す人がふたりいます。
ひとりはもう廃業したと噂に聞きました。

もうひとりは大きな病院の勤務医だったのですが、地元に帰り開業。
この人は私と同い年なので、まだ続けていると思いますが・・廃業した歯科医は本当に変わっていて、技術は確かなのかもしれませんけど、私は万が一歯が超痛くなっても、絶対罹りなくないと思うような人でした。
これだけ歯科医が増えたら、口コミも怖ろしいものがあります。
我家は母は歯が丈夫ですが父が正反対なので、父に似た兄は歯が悪く可哀想です。
私は母に似たことに感謝です。

多分おばあさんになっても自分の歯でいられると思っています。