月別アーカイブ: 2015年4月

親子揃っての夕食は楽しいですね

昨日の晩御飯豚テキサラダでした。
皆良く食べるのでご飯が(・。・;殆ど残りませんでした。
サラダは変わっていてレタス中心ですが工場で生産されるサラダ菜もあります。
そしてゆで卵を輪切りにして乗せて大根おろしと人参おろし、
おろしは(^_^;)主人の提案ですがそれをかけてドレッシングで食べました。

 

ドレッシングは最近のモノは1度に(>_<)良く出るので注意です。
豚テキ1人2枚でよく焼いてお皿に乗せてそのままかぶりつきました。
(^_^;)良いですよね、別にナイフとフォークなしでも。
男の子2人なので(ーー;)良く食べます。どんどんご飯がなくなって行きます。
もちろん主人と私もお代わりしますが結構食べても子供達は気持ちが良いくらい、
ご飯のおかわりでした。
問題はスープなのかお味噌汁なのかですが…
ウチは2人ともわかめのお味噌汁なんです。
それで全員わかめを食べる事になります。テレビを見ながらですが口は動いています。

 

ところが主人がボケた発言をして聞こえなくなったらしく、
みんなに色々言われて(^_^;)録画ですからまき戻してもう一度見る事になります。
テレビが終わる頃になると主人も食事は終わりでコーヒーを入れに席を立ちました。

 

インスタントなんですがお湯は直ぐに沸きますのでコップを出したり
いろいろやる事があるらしく戻ってきません。
それもその筈で換気扇の下で(-。-)y-゜゜゜タバコを1本吸うつもりなんです。
バタンとドアを締め切る構造になっているので1人でゆっくりタバコを吸うんでしょう。

 

エアコンの冷気は換気扇まで行かないですが、
そこでコーヒーとタバコを飲んで吸ってゆっくりとするんでしょう。
しかし(ーー;)1つ文句を言わせて頂きたいですね。
誰が食器片付けるの(?_?)ねえパパ本当に(ーー;)困りますよ。

置き換えタイプのめっき装置でメッキ完成物ができるまでのメカニズム

めっき装置には、様々な種類があります
その1つに、置き換え型と呼ばれものがあります。

その仕組みなのですが、まずは装置の中にメッキしたいものを挿入します。
その装置の中には液体が多く入っているのですが、
その中にメッキ希望物を入れる事になるのです。

ところで希望物には、たいていニッケルと呼ばれるものが含まれています。
それが液体の中に溶け出すのですね。

すると今度は、液体の中に含まれている様々なイオン物質が反応します。
それがメッキしたいと思っている物に付着して、いわゆる金属化と呼ばれる
現象が発生するのですね。
それが(・。・;何回も繰り返されて、メッキ希望物の表面に金属の膜
形成されることになるのです。

ちなみに上記の流れの中で、ニッケルが外に出された時には、
マイナスイオンが発生する事になるのです。
それが装置の中に含まれている液体と(@_@;)反応して
メッキ希望物がマイナスイオンを吸い寄せることになる訳ですね。
いわゆるイオンの性質を用いて、メッキ物が完成される事になります。

ちなみにめっき装置には、それ以外のタイプも色々あるのです。
他にも還元タイプ電解タイプなど、様々な種類があるのですが。
前述の置き換えタイプは、液体の中に含まれている
金属イオンを吸い寄せるのが特徴的ですね。