カテゴリー別アーカイブ: 美容・健康

歯のホワイトニングについての感想

月に1度歯のクリーニングに通っていたころ審美歯科、歯のホワイトニングの事をしりました。自分も白い歯になりたいなぁとずっと思ってました。もともとタバコは吸いませんが、だんだんと黄ばんでいくような感じがあったんです。美容歯科や歯医者さんにするかは迷いました。実際田舎には、ホワイトニングでメジャーな歯医者すらなく、地方都市まで車で、3時間近くかけて選んだのがホワイトニングも取り扱う歯医者さんでした。まず歯の白くなる度合いのサンプルを見せて頂きました。12色ぐらいありました。黄色みがかかっている自然色から真っ白、ブルーがかった白など、私は不自然と思われないように普通の白を選びました。プラスチックを歯に装着してその中に白くなる薬が入っているいたいです。20分から30分たてばホワイトニングは終了です。

1か月ぐらい時間をおいてから3回ぐらい通いました。3回セット価格で約40000円ぐらいだったと思います。ちょっとたかいなぁと思ったりもしましたが、金額の相場はそのぐらいみたいでした。また、自宅で出来るホワイトニングもあるようで価格もリーズナブルらしく人気があるようでした。眠る前に歯にプラスチックを朝まで装着して眠るだけらしです。8時間外さないようにはしなくてはなりません。現在5~6年たちますが歯の白さは継続しているみたいです。初対面の人から歯が綺麗ですねと言われるたびに嬉しく思います。ホワイトニングをやってよかったなあと心から思います。
気になる歯医者選びですが、やはり審美歯科で実績があるところを選んだほうが良さそうです。通っている最中は、コーヒーやタバコは控えたほうがよろしいでしょう。
色が着色してしまってはもったいないです。女性だけではなく最近男性も審美歯科に興味を示していると聞いたことがあります。サービス業の方営業マンなど人とかかわりのある接客業の方、タバコのヤニなどを気にされている方は特に興味をもつらしいです。白く素敵な歯でいつでも笑っていたいですね!

http://whiteningnet.com/shop/sunday_nakamozu/

歯科医院に最後に行ったのは確か20代後半だったかな・・

私は母親に似て、生れつき歯が丈夫です。

でも今のように3度の歯磨き実行世代ではないので、子供の頃は夜に歯を磨く習慣もみんななかったし、学校に歯ブラシを持って行くということもなかったし・・朝起きての歯磨きだけでした。

それ故に当然虫歯くらいはありました。奥歯に何本かですが。
20代後半に左下の奥歯が根っ子だけになってしまい、それでも痛くはなかったのですが、仕方なしに歯科に行きました。

そこから随分の年月が過ぎた去年、歯石が気になり、それに伴って口臭も気になり・・またまた仕方なく歯科に行ったのでした。
その歯科医は驚いていました。私が○○年歯医者に罹ってないのを知って。。「歯が丈夫なんですね・・・虫歯治療はありませんでした。新たに出来た虫歯はなかったのでした。
私の母親は高齢になっても入れ歯は1本もありません。

母の親・・祖母も最後は前歯だけさし歯にしてましたけど、入れ歯ではなく自分の歯でした。
遺伝ですね・・歯だけでなくて骨も丈夫です。

虫歯治療が必要でなかった私は歯石を取るだけで、初めは2週間おき、段々ひと月になり・・今では3か月に一度、歯石の除去に行っています。
この歯科医はまだ開業してそれほど経っていませんし、ドクターが若いので、人によってはもっと年齢の重ねた・技術も長けている歯科医の方がいいと言いますが、私は何となく相性もよくて、感じもいい先生なので「ずっとここでいい」と思っています。

医院も綺麗だし・・昔は歯医者ってあまりなくて、地域で二つしかなかったのに、今はちょっと歩くと歯科医院の看板
増えたこと増えたこと・・人口の増加に伴って。
歯科医だけでなく、内科も増えましたけど。

歯科医と言うと、私は思い出す人がふたりいます。
ひとりはもう廃業したと噂に聞きました。

もうひとりは大きな病院の勤務医だったのですが、地元に帰り開業。
この人は私と同い年なので、まだ続けていると思いますが・・廃業した歯科医は本当に変わっていて、技術は確かなのかもしれませんけど、私は万が一歯が超痛くなっても、絶対罹りなくないと思うような人でした。
これだけ歯科医が増えたら、口コミも怖ろしいものがあります。
我家は母は歯が丈夫ですが父が正反対なので、父に似た兄は歯が悪く可哀想です。
私は母に似たことに感謝です。

多分おばあさんになっても自分の歯でいられると思っています。

ハッピーな食生活のために

子供のころから奥歯に虫歯があって何度か虫歯の治療をしてもらった経験がありました。
虫歯を削って金属を被せるという感じで数か所口の中に治療をしてもらったところがあります。
その後十年位特に問題もなく、そのままで歯医者さんに行くこともなく過ごしていました。
ところがある日、奥歯がなんだか変だなぁという感じがしました。

でもたぶん疲れているせいなんだと思ってあまり気にしないでいましが、しばらくするとやっぱり噛みしめた奥歯にじわじわした痛みのような違和感があります。
被せてある金属をはずして歯の中を掻きたいような感じもします。

これはダメだなと思って、あまり行きたくない歯医者さんに行くことを決心しました。
歯医者さんに行ってみると、レントゲンをとって歯の根っこのところがどうやら膿んでいるようだということが判明しました。
歯の根っこをきれいにしてみましょうということで何回も通院してきれいにしてもらって一応治ってやれやれと思ったのですが、それから数年後に再発。
今度はもう抜歯するしかないという状態になっていました。
残念ですが、悪い歯をそのままにしておくと周囲の歯にも悪い影響があるということで抜歯することは止む負えないとなりました。
その後、そのまま抜歯した後をほうっておくと歯並びに影響があるのでブリッジにするかインプラントを選ぶことになったのです。
究極の選択。
近くの三田市の医院でインプラント治療をすることにしました。

ブリッジはブリッジをかける前後の歯を削らなくてはならないデメリットがあるということでインプラントを選択しました。
インプラントはあごの骨に金具を装着するという手術をするというのがとても不安でした。
とは言え、決めたら進まなくては仕方がないということでインプラントの道を歩き出しました。
一年ほどかかったのですが、インプラントが仕上がってみると、ほんとうに良かったと思っています。
まるで自分の歯と同じように噛むことができるので、すっかりそのこと自体を忘れて過ごしています。

メンテナンスに通院することだけでハッピーな食生活を過ごせています。

市内で一番評判のいい歯科医院だったけど…

私は、市内で一番腕のいい歯科医院に通ってました。

診察は1週間に1度のペースで、新規のお客さんは予約の人たちの間にもぐり込ませる感じで、待合室で1時間は待つほど人気のある歯科医院でした。
用事があって来週の同じ曜日の同じ時間に診察に行けないと、受付の人がムッとしながらも空いてる日時をノートをめくって一生懸命に探すほど、診察時間に空きがありません。

歯科医師は1名で、歯科衛生士が常に5?6名ほど、奥の部屋に歯科技工士が1名。
診察台は5台あり、歯科医師は患者2?3人をローテーションで診て回り、1?2人の患者は診察台の上で待機してるような、かなり忙しく繁盛してる歯科医院でした。

あるとき、私はその歯科医院で歯を入れました。
前々から金属を被せてもらったりなど長年お世話になってたんですが、このところちょっとおかしい?部分があったんです。
でも治療途中でしたし、完治するまでは通うつもりでいました。

その、私が疑問に思ってたのは、些細なことです。

治療にはゴム手袋を着用されてたんですが、そのあとに手を消毒されてて、その消毒液がついたまま治療されたり、(そのせいで私の口の回りがヒリヒリしてました)金属が上手く嵌まらないと技工士を呼んで私の歯に被せるように指示したり、(歯科技工士が患者の歯に金属を被せてもいいのか?)など、ちょっと疑問に思うことがあったんですが、私は素人なので黙ってました。

そして歯を入れてもらって麻酔も切れたあと、まだ痛みが生じてたため、その歯科医院に通ってました。
医師は鎮痛剤か炎症を抑える薬かわからないですけど、何度も塗ってくれました。
それでも痛かった私は、まだ痛みが取れません、と通ってました。

助手についてた衛生士が、中で歯が折れてるんじゃないか、と医師に言いました。
ですが医師は取り合わず、私がわざと痛みがあると言ってるのだと決めつけ、治療は終了しました。

その後も痛みがあったため、私は別のクリニックを受診しました。
レントゲンを撮ってもらってわかったのは、衛生士の言う通り、歯が中で折れてたんです。
さっそくそのクリニックで歯を取り除きました。
新しい歯も入れてもらいました。

その医師が言うには、「かなり痛かったはずだけど、なんで治療が終わったの?」

同じ市内のクリニックのため、私は理由が言えませんでした。
いずれ歯科医師会で医師同士が顔を合わせることがあるだろうと思いましたし、私も今後、この市内で生活していく=これからも市内で歯の治療のお世話になる確率が高い、からです。

今はもう、この歯科医院には通ってません。
腕がいいのは確かですが、人としては疑う部分があります。
どうせ通うなら、私は人柄もいい三宮の歯科医院を選びたいです。

前歯を綺麗にしてもらいました。

私は前歯が虫歯で黒くなっていたので、セレックという治療法でやってもらいました。
ちょうどキャンペーン中で8%オフになるとのことだったので、ラッキーでした。
歯の形を何回も撮ってもらって、仮歯をつけての繰り返しでした。
近くの三宮の歯科医院で治療しました

私は歯が少し出っ歯だったので、気持ち引っ込めてもらいたかったのですがあんまり引っ込めるようにすると歯が薄くなると言われたのでやめました。
もともと少し出っ歯だったものを直してしまったら、顔が変わってしまうような気がしたので歯を引っ込めることにあまりこだわりませんでした。
いつも忙しそうで怖そうな歯医者の先生なのですが、歯の治療を適当にしたりとかは断じてありませんでした。

私が治療するのが前歯だったせいもあり、何回も「右の歯に形を揃えたほうが、女性らしいと思う。」とか「この歯より前歯を短くするとおかしいと思います。」など細やかなアドアバイスをしてくれて丁寧に私の歯を作ってくれていたのでとてもありがたい気持ちでいっぱいでした。

虫歯の治療が全部終わったら、最後にホワイトニングをしてもらおうと思っていたのでセレックで作ってもらった歯の色も少し白いものにしてもらいました。
セレックの治療をした人は、ホワイトニングを半額にしてくれたのでありがたかったです。
私はホワイトニングをしてもらった時、ほとんどしみなかったので良かったです。
染みていたかったという人もいるらしいのでそこは助かりました。

でも結構3時間近くじっとしていないといけないので、怖かったです。
この間にトイレに行きたくなったときはどうしたらいいんだろうと思いました。
じっとしているので、トイレに行きたくなったらそのことばかりを考えてしまうだろうから、そうなると地獄だなと思いました。
ホワイトニングをする前に、一応トイレは済ませておいたのですが、3時間我慢できるかどうかは自信がありませんでした。
歯も少し白くはなったのですが、またもっと白くしたいなと思います。

めまいで耳鼻科に通いました。

20代も後半に差し掛かった頃、時折めまいがするようになりました。ほとんどはいわゆる「立ちくらみ」で、立ち上がろうとしたときや寝ている状態から起き上がろうとしたときに「クラッ」ときました。前年の健康診断で血液に要経過観察の項目があったことと、食事で鉄分をほとんど摂取していないという自覚があったのとで貧血だと思い、その年の健康診断の採血の際に「貧血でめまいを起こすかもしれないので」横たわった状態で採血してもらったのですが、私の様子と前年度の結果を見た医師に貧血ではなく三半規管の問題の可能性が高いと言われました。その際はそんなものかと思っただけで、結局病院に行くことはありませんでした。

30代に入る頃、元々苦手だった飛行機がさらに苦手になりました。着陸時に頭が締め付けられるように痛くなるのです。「三半規管の問題」という言葉は頭の中にありましたが、それでも面倒くささが勝って、病院には行きませんでした。ところが次第に普段の生活にまで影響が出るようになったのです。あるとき、道を歩いていて、道路が急に軟らかくなったような、歩いていてふわふわするような感じがしたのです。最初は気にしていなかったのですが、頻度が高くなるにつれさすがに怖くなり、インターネットで症状を調べたところ、メニエール病の症状に近いように思いました。
そこで「三半規管の問題」という言葉とつながり、さすがに、ようやく、近くの堺市の耳鼻科に行ってみることにしました

耳鼻科ではめまいでまず耳鼻科を訪ねたことを訝しがられましたが、理由を説明し、診ていただいたところ、メニエールではないとのことでした。
しかしめまいは確かに起きているので機械を使った検査をしていただいたところ、左右の聴覚の機能に差があって、それがめまいの原因になっている可能性があるとのことでした。とは言ってもどちらも生活に支障があるレベルではなく、片方がほんの少し正常の範囲を超えているという程度でした。処方された薬は血液の流れをよくするものとビタミンB12を補うもので、正直なところ、これでめまいが解消するとは思えなかったのですが、実際に服薬し始めるとめまいはぴたりと治まりました。服薬して以降に飛行機に乗った経験がないのでこちらはどうなるかはわかりませんが、症状は確実に改善していると言えます。もっと早く行けばよかったと今は思っています。
tatemono_hospital

東京で小顔矯正を探しました。

友人からの「顔デカイね」の一言に衝撃を受けました。
10年振りに小学校時代の友達と会うことになりました。

当時の私は活発でケンカが強い女の子だったので、10年経って『大人の女性』になった自分を見せつけようと企みました。

当日の服は買ったばかりのワンピース、靴は脚長効果で10cmヒール、メイクはもちろんバッチリで、少しでも自分を綺麗に見せようと頑張って出掛けました。

・・・・・が、久しぶりにあった友人の第一声が「相変わらず顔デカイね」だったのです。

いやいや、そんなことはない。今まで顔がデカイだなんて言われたこともないし、自覚すらない。けれども友人の指摘が気になって、トイレで改めて自分の全身をチェックしてみました。

髪型のせいかとも思ったのですが、友人の指摘通り姿見鏡に映る私の顔は確かに大きかったのです。

しかも10cmヒールを履いているにも関わらず大きく見えるのですから、ヒールを脱いだら私の頭は一体どれくらいのサイズになることやらと落胆しました。
そしてその日は帰宅してすぐ、ヒールを脱いだ自分の姿を確認しました。
やはり心配した通り、頭の大きさが一層際立っていました。

さながら、着ぐるみのようです。こんなに頭が大きかったことに、どうして今まで気付かなかったのだろうかと我ながら
不思議で仕方がありませんでした。

その日以来、何をしていても顔の大きさが気になるようになりました。
小顔に矯正したくて、ネットや雑誌からいろいろな情報を集めました。
小顔ローラーが欲しくて購入を悩んだり、手軽に始められるマッサージをやってみたりと、ともかく小顔に矯正する為のありとあらゆる手段を検討、実践してみました。もともと自分の変化に気付きにくい方なのか、いまいち効果を実感出来ていません。

小顔矯正サロンを東京で探しましたが、多数ありました。

現在はメイクで小顔に矯正していますが、長期的に継続すれば効果がでるかもしれないと思ってマッサージも行っています。

本当はエステなどの手段も使って本格的に小顔矯正をしたいのですが……。
ネガティブになることはないので、顔が大きい自分を笑い飛ばしています。
見ようによっては、顔が大きいのもキャラクターのようで可愛いような気もしてきました。でもいつか必ず小顔に!!

小顔に矯正されるその日を夢見て、これからも地道に頑張ってみようと思います。

サロンで脱毛したい

ムダ毛処理に悩んだことのない女性は少ないのではないでしょうか。

かくいう私も悩みまくっています。本当はサロンできれいに

永久脱毛したいのだけれど、なかなか踏み切れません。

よく強引な勧誘が心配という声も聞きますが、その点の心配はしていません。

本当に効果があるのかとか、痛みがあるのではないかとかの声も聞きますが、

その点の心配もしていません。3年程前にキャンペーンで格安になっていた

ワキの施術を受けたことがあるのですが、全然問題ありませんでした。

一番のネックはその費用なんです。

私が考えているのは手、足、もういっそのこと全身です。

となるとどんなに安いサロンだったとしても10万越コースは確実です。

自己処理だってカミソリやクリームなどサロンに比べると微々たるものとは

言え費用はかかります。小額とはいえ永久脱毛ではないのでその費用は

半永久的にかかることを考えれば決して高くないとは思うのですが、

私のような庶民には少々敷居が高いのも事実です。わかってはいるんです。

自己処理は肌への負担もあるし、手間も暇も相当かかります。

長袖やタイツで隠すことのできる冬場はついサボってしまって急はハプニングに

焦ったりすることもあります。そのたびに今年こそは永久脱毛をしようと

思いたって色んなサロンをネットで調べるのですが、

かかる費用のインパクトに圧倒されて先延ばしにしてしまう、

そんなことを毎年繰り返して今まできてしまいました。

でも、今年は違います。やるき満々です。

なぜなら今年、結婚することが決まったからです。

今までは自宅のバスタイムに自己処理をしていましたが、

彼が一緒に暮らしている家の中で自己処理するって、

なにかの拍子で見られちゃったりした日には恥ずかしすぎる

考えただけでも焦ります。それに結婚すると財布が1つになりますから、

私の脱毛のために10万円以上のお金をかけるなんてできないと思うのです。

とはいえ、結婚式や新生活の準備等々結構貯金が飛んで

いってしまったのも事実です。この10数万円をどこからひねり出そうか、

今の私の最大の難問です。

天王寺で良い脱毛サロンを探しています。

職場の先輩が天王寺でしわとりしてくれるとっても良いクリニック見つけたと言ってました。

そこはどうなんだろう?

今度聞いてみようかな~