カテゴリー別アーカイブ: ライフスタイル

自宅の窓から、工事現場で働く人々を見ていて思ったこと

最近は、自宅の近所で工事をしているらしく、大きな音が日中ずっと聞こえてきます。道路工事のようで、道を整備していました。自宅の窓から眺めていると、人が地道に大きな石を担いで移動させていたり、ある人は大きな機械を使って道路に穴をあけていたりしていました。
そんな光景を見ていると、自宅でデスクに座り、パソコンに向かって仕事をしている私はなんて気楽なんだろうと思いました。工事現場で働いている人は天気に左右される環境で働いています。雨の日もあれば、風の強い日もあります。そんな日は、普段よりももっと同じ量の作業量をするのに時間がかかり、身体的にも負担があるでしょう。
一方で、自宅で仕事をしている私は、天気に左右されるのはほんのわずかです。嵐の時にインターネット回線が時々支障が出るというくらいです。普段は天気に関わらず、自分の快適な環境を自分で作ることが出来ます。
私の仕事が捗らないという時は、その理由には私自身のやる気や能力が一番関係していると思います。自分の努力次第で向上することができます。そう考えると、なんて恵まれた環境で仕事をしているんだろうと思えてきました。
今までは、仕事で不条理なことや不合理なことをストレスに感じて、仕事のやる気を失っていました。自分で選んだ仕事とはいえ、想像していた以上の大変さ、複雑さを感じて、自分に出来るのか不安を感じていました。

でも、私の仕事で考えられる不条理なことは、工事現場で働く人にとってはもっと日常茶飯事なことだと思いました。私が抱えている不条理なことは、彼らにとってはほんの些細なことでしょう。わずかなことに目を向けて、不満をいう私はなんて器の小さい人間なんだろうと思いました。
彼らは、常に天気という自分がコントロールできない環境で働いています。その中で、与えられた仕事をしているのです。それを考えれば、私は自分でコントロールできるものが仕事上でたくさんあります。不満に思うことはゼロにすることはできませんが、自分が望んでいた仕事をしていること、そして自分のある程度の裁量が与えられていることに感謝しなければいけないと感じました。

今日は、天気がよくて、工事の音をきっかけに外を眺めていた場面で、自分の環境のありがたさについてしみじみ考えられました。不満やストレスはどんな環境であれ、全くなくなることはないでしょう。今自分の環境で、自分の最善を尽くすことで恵まれている事実に感謝したいと思います。

アラフォー女性が夏を満喫する旅行とは!?

アラフォー女性二人で、夏の旅行を企画しました。
年齢を重ねるごとに、歩くのが億劫になり、人混みが面倒になり、暑さが我慢できなくなります。

さて何をしようかと考えた挙句、「人混みに出かけずに涼しい所で夏らしいイベントに参加したい」というわがまま極まりないテーマが決定しました。
夏らしいイベントと言えば「海」「夏祭り」「花火」などでしょうか。
まず、「海」は日焼けの面から考えても無理だし、いまさら水着になんてなりたくないということで却下。
続いて夏祭りですが、どう考えても「人混み」と「暑さ」から解放されるとは思えず却下。
最後に残った「花火」に関しても、「夏祭り」と同じことが言えますが、それなら冷房の効いたホテルでお酒でも飲みながら花火を眺めるというのはどうだろうという話に落ち着き、早速、宿の手配をはじめました。

しかし、考えることはみな同じ。
手配を始めたのが、かなり遅かったため、すでにどの宿も満室です。
やっと1カ所だけ花火が見える場所で、花火当日に空いている宿をみつけ、予約しましたが、通常料金のほぼ倍の値段だと伝えると、友人は渋い顔。
最後には「別に花火なんて見なくても・・・」などと言い出す始末でしたが、なんとか説き伏せ、決行するに至りました。

場所は「瀬戸内国際芸術祭」が開かれている香川県の小豆島です。
花火は夜なので、それまでは、芸術祭の作品でも見て回ろうということになりました。
もちろん島の移動は年配女性にとっては大変ですので、レンタカーを利用しました。
しかし、芸術作品は、島に点在しており、しかも駐車場からかなり離れているものが多いため、車で乗り付けることはほぼ不可能。
結局は、歩いて作品を観て回る羽目になります。

確かに暑いし、きつかったのですが、これが案外楽しいのには、自分でも驚きました。
子供の頃、大量の汗をかきながら走り回った夏休みの感覚を思い出します。
美しい山や海に囲まれた景色の中に置かれた芸術作品には、独特の雰囲気が漂い、美術館で見る芸術作品では感じられない魅力にあふれていました。
ただ、食事場所が異常に混んでいるのだけには、閉口しました。
歩き回って、やっとお昼にありつけると思ったら、整理券を配られ1時間30分後に来てくださいと言われた時には、気を失いそうになったものです。
でも、これは芸術祭が価値あるイベントだという証拠でもあります。
しかも、待ったかいもあってか、その食事は新鮮でおいしく、期待以上のものでした。
特にお米のおいしさは格別でした。
夕方早めに宿に入って、お風呂も食事も早めにすませて、準備万端ととのえて、花火が開催されるのを待ちました。

最初にあがった、花火の大きさと美しさ、その感動は今でも忘れられません。
しかもビールを飲みながら、帰りの混雑を気にすることなく眺める花火は格別でした。
あんなに文句を言っていた友人も、完成を挙げながら花火に見入っていました。
約1時間ほどでしょうか、思い切り花火を満喫し、高揚した気分のまま、いつの間にかぐっすり眠っていました。
まさに至福の時でした。

帰宅の船の中で「年を重ねるとものごとを楽しむのにはお金がかかる」という話で盛り上がりました。
若い頃は、暑かろうが寒かろうが、何時間だって歩けたし、一晩寝れば元気になれたし、スケジュールをどれだけ詰め込んでも平気でした。
今では自分の体力と相談して、無理な部分はお金を支払って補うことが必要になります。
でも、若いころには理解できなかった「じっくり楽しむ」という楽しみ方がわかるようになり、観光地をいくつも訪れることよりも、自分たちが本当に楽しいものを追求することに重点が置かれるようになってきました。
それに出発する前はあんなに敬遠していた「暑さ」や「人混み」も案外楽しいということに気づかされたりするという驚きもありました。
こんな「大人の旅」も案外悪くないかもしれませんね。(^^♪

「黄金のデュオ」による演奏で、バイオリンとピアノの良さを改めて実感

ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)にて開催された、バイオリニストの矢部達哉さんとピアニストの横山幸雄さんによるデュオ・リサイタルに行ってきました。
当日の曲目は、ベートーヴェン「バイオリンソナタ『クロイツェル』」「ピアノソナタ『熱情』」、休憩をはさんで、シューベルト「即興曲D.899より第3曲」、ショパン「華麗なる大円舞曲」、フランク「バイオリンソナタ イ長調」でした。クロイツェル・ソナタとフランクのソナタがピアノとバイオリンによるデュオで、他はピアノソロです。アンコールにはフォーレ「夢のあとに」、ドビュッシー「前奏曲第2集より第6曲『風変わりなラヴィーヌ将軍』」、マスネ「タイスの瞑想曲」が演奏されました。
以下、リサイタルで感じたことをあげておきます。

矢部さんと横山さんがデュオを初めてデュオを組んだのは20年ほど前で、それ以来たびたび共演しています。それだけにお二人の演奏には単に「息が合う」という次元を超えたものがありました。お互いの持ち味を引き出し、うまく組み合わせながら演奏しているような感じです。矢部さんの伸びやかで透明感のある音と、横山さんのじっくりとしていて深みのある音が巧みに合わさって、まさしく「黄金のデュオ」と呼ばれるにふさわしい世界を築き上げていたように思います。
当日の演奏の中では特に、フランクのバイオリンソナタと、アンコールで演奏した「夢のあとに」、「タイスの瞑想曲」が秀逸でした。

演奏の合間にはお二人によるトークが繰り広げられました。トークには漫才やコントを思わせるようなところも感じられ、付き合いの長さや深さがよく表れていました。
特に印象に残ったのは、矢部さんの「いぶし銀」という発言です。「黄金のデュオ」に引っ掛けた言葉で、年月が経てばやがていぶし銀のように深みや渋みのある演奏になる、といった意味合いが込められていると私は理解しました。
お二人とも40代後半、演奏者としては一番脂が乗っている時期なので、老け込むにはまだ早すぎるような気もしますが―。ともあれ、年月を重ねるにつれてどのように演奏を深めていくかが楽しみです。今後も時折お二人のデュオを聴きに行ってみたいと思いました。

横山さんのピアノソロで特によかったのは、シューベルトの即興曲です。ライブで何回か聞いたことがある中で、今回の演奏が一番よかったと思います。演奏した曲は低音のアルペジオ(分散和音)の上に高音の歌うような旋律がのっているのが特徴ですが、低音の力強さが勝ちすぎてしまうことがなく、高音とのバランスが取れていて、曲の特徴が十分生きていました。

振り返ってみると、バイオリンとピアノによるデュオは、これまでライブでほとんど聴いたことがありませんでした。でも今回のリサイタルでバイオリンの良さ、そしてピアノとのハーモニーやコラボレーションのすばらしさを改めて実感できたような気がします。

レンタル絵画は、さまざまな便利なサービスを行っています

リビングや玄関、オフィス、店舗など、室内に「絵画」が飾ってあったら、目に留まる方も多いのではないでしょうか。
絵によっても、その空間の雰囲気はガラリと変わります。
また、季節の変化や気分で絵を違うものにするということも、素敵です。
しかし、「絵画を飾るのは憧れるが、買うとなると高いのでは?」と、誰もが疑問に思うかも知れません。
確かに絵画には、安価なものから大変高額なものまで存在しますが、どちらにしろ、たくさんの種類を揃えるということは、難しいであろうと思います。
そこで、登場するのが「レンタル絵画」です。
いったいどのようなサービスなのでしょうか。

「レンタル絵画」とは、その会社が所持するたくさんの絵画の中から、気に入ったものを選び、一定の期間レンタルするサービスを指します。
レンタルが決まり、運搬後には、取り付けも行ってもらえ、3か月、6か月、1年など、借りる方の希望に合わせることが出来ます。
1つの絵画だけでなく、複数の絵画を借りることが出来ますので、季節の変化に合わせたり、雰囲気を変えたいときなどには、この方法もおすすめです。
絵画というと、大きい絵をイメージするところですが、サイズもさまざまにあり、飾る場所に合わせて選定が可能です。
https://kotobank.jp/word/%E7%B5%B5%E7%94%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9-162132

技法別・作家別・イメージ別・価格別・サイズ別など、お好みで選定が可能であるというところも、利用しやすいのではないでしょうか。
また、この空間には、どのような絵画が似合っているのか、コーディネートを行うサービスも展開している会社がありますので、プロにお任せすることにより、より一層心地よい空間を築けるのではないでしょうか。

実際に、どのような場所で利用されているかというと、店舗や公共機関、学校、医療機関、介護施設など、さまざまな場所で活用されているのが現状です。
特に、医療機関や介護施設では、心の安らぎはとても重要です。
癒しの手法の一つとして、取り入れている施設がたくさんあります。
患者さんや入居者に方はもちろんのこと、そこで働くスタッフにも良い効果を生み出すに違いありません。

絵には人の心を引き付ける不思議な力があります。
施設や店舗はもとより、自宅で絵画を取り入れるなど、利用してみてはいかがでしょうか。


ポジティブすぎる夫に現実を教える日々です

夫が行儀悪くて何度も注意しているのですが、聞く耳を持ってくれません。
まあ家族とはいえ元は赤の他人ですし、そんな人間に生活態度を注意されてもなかなか納得できないでしょうけどね。
その気持ちはわかります。私も育ってきた環境が違う人間にやいのやいの言われるのは嫌ですからね。

なので細かいことは言わないようにしているのですが、非常識なことに関してはダメだよと注意しています。
子供がいるので手本になってほしいんですよね。

ですがそういった常識的なことでさえ聞いてくれず、最終的に怒るので困っていました。
しかしこの前夫のお母さんや妹にお話をしたところ、夫は怒られてへこんでいましたよ。
私が言うより自分の家族が言った方が聞いてくれるもんですね。
散々責められて、しょんぼりしていました。
私はかねてから怒ってもらおうと計画していたのですが、私が夫の行儀の悪さを告げ口し始めた時の夫の顔が忘れられません。
真顔で私を見ていましたよ。
なんで言うの?マジで?とでも言いたげな顔で、何度思い出しても笑えます。
私に怒られるのは怖くないし鬱陶しいだけだけれど、お母さんと妹には怒られたくないんでしょうね。
怖いのだと思います。
その後、怒られている時はずっと遠くの空を見ていましたからね。
夜になってなんで俺があんなに怒られなきゃいけないんだとグチグチ言っていましたが、怒られるようなことをするのが悪いのだと教えてあげました。
それにしても大人になって行儀が悪いと叱られるなんて恥ずかしいことですよ。
本人にも恥じてもらいたいんですが、ポジティブなのでなかなか自分を責めてくれません。
いつまでも子供のような自分はかわいいでしょと思っていそうなんですよね。
男性ってこういったやけにポジティブで自分に自信がある人が多いですよね。
少しは冷静に自分を見つめたりしないのだろうかと思いますよ。
夫にたいしては、大人の男をかわいいなんて誰も思わないからねとはっきり言っています。
ポジティブすぎるのも考えものですよ。
rikon

ミニマリスト初心者日記

最近部屋の中がすっきりしてきてなんだか気持ちいいです。
やはり物が減ったということもあって、朝の掃除が楽になってきたと実感をしているのです。
今頑張って減らしているのが洋服で、いるものいらないものと分けながら洋服の処分をしている真っ最中です。
最初は服の処分はリサイクルショップで売りに行こうかなという感覚だったのですが、その売りに行こうかなといっているうちに忘れてしまって気が付いたらあふれかえっていたので、もったいないけども思い切って処分するようにしたのはいうまでもありません。
いざ、洋服を処分してみると結構着ていない洋服があったり存在を忘れていたりするものもありこれからはよく吟味して、一つ買ったら同時に処分もすることを覚える必要があるなと思いました。

最近では洋服のリサイクル回収をしてくれるお店もあるからそれらも利用してみようかなと思うようにもなりました。
捨てる神あれば拾う神ありという言葉の通り捨てるときは捨てる、拾う時は拾う、という感覚はどんな年代でも必要なことなんだろうなと思います。

化粧品もだいぶ捨てたし、洋服も今頑張って処分をしているところだし頑張ってものを減らしていくぞという勇気が湧いてきました。
ミニマリストになってみてその良さが少しずつ実感をしているのですが、今受験勉強をしなければいけない時期でもあるので今度はその受験勉強をする時間を確保しつつミニマリストへの道を究めていきたいと思っています。

目指すはすっきりとした部屋で自宅で仕事をすることが、今の目標です。
今でも自宅で仕事をしているのですが、すっきりとした部屋で仕事をするということがありませんでした。
汚部屋での仕事でごちゃごちゃ感がすごくてそれがちょっとストレスになって部屋にも居づらい感覚があったのです。
このミニマリストの生活をしてみてさらにすっきりとした部屋で仕事をしたいと思うようになり、少しでもすっきりとした部屋を目指そうと思うようになりました。
もちろん、自分自らミニマリストになりたいと思ってやっているのであって、だれからも指図を受けずに部屋をきれいにしているのです。
更にミニマリストの生活はダイエットにもいい影響をもたらしています。

毎朝部屋の掃除をしながらエクササイズをしているので、少し引き締まった感覚があるのです。(体重は減っていないのですが。)
もちろん筋肉トレーニングなどもしているのですが、朝の部屋の掃除は体を動かす分消費エネルギーを増やすことができているのかもしれないです。
そうなってくるとダイエットしている人こそミニマリストの生活を取り入れてみるのも痩せることにもつながるのかなと思うようになったのはいうまでもありません。
モノを減らした分体脂肪も減ってくれるとありがたいのですが、少しづつ減らしていけばいいと思うようになったのはいうまでもありません。
よく部屋がきれいな人はスリムできれいな人が多いということを聞きますが、まさしくその通りでマメに掃除をすることによって身体を動かすし、動いた分筋肉が付き更に痩せやすい体になり、痩せやすい体になればそれだけ体を動かしたくなるという好循環があるのがわかります。
逆に部屋が汚くなると億劫になって体を動かさなくなり、体を動かさない分筋肉を減らしてしまい太りやすい体になり悪循環に陥る結果になるのかなと実感したのです。
そのことに気が付いたので、今度は洋服のサイズが合わなくなったなと思ったら思い切って処分してその分新しい洋服を買うようにしようと思ったのはいうまでもありませんでした。

もちろん、処分することも考えて買うようにしないといけません。
なので、洋服選びも慎重にしていこうと思います。
318798s

もう一人子供が欲しいという夫に反対しています

夫が密かに家を買おうとしているみたいです。子供ももう一人欲しいと言われたんですが家はともかく子供は大変なので悩みますね。
たっぷり寝てくれるような子ならいいんでしょうが、今育児中の子は寝なくても大丈夫な子なので夜泣きにはこっちも泣きながら対応していました。

今でもちょくちょく夜中に泣いて起こされていますが少し前は本当に酷いものだったので、またあのような毎日は過ごしたくありません。
子供は欲しくないのか。かわいくはないのかと聞かれますがかわいいですし欲しいと思わなくもないですけど、夜泣きの対応代わってくれるなら産みますよという話です。

夫は大変だったけど過ぎてしまえばいい思い出だろう?と思っているみたいなんですよね。
まだそれほど年月も経っていないのでいい思い出とは思えませんよ。というより今も大変だけれどあの頃よりはマシだ。だからなんとかやっていこうとしているだけです。

あの大変さは仕事を辞めて一日中子供のお世話を続けるのをせめて一週間はやらないとわかりませんよね。
子供が一人増えることで家族を養わなければならないプレッシャーも増すでしょうから、男性も男性で大変なのはわかるんですけれど、基本的に女性が育児をするものだと思われているとやっぱりキツイです。

それに今は子供が欲しいというよりも動物を飼いたい気持ちが強いんですよね。
もともと動物が大好きですし、猫が欲しいなと思っています。子供も動物に触れて生活することで優しい心を持ってほしいと思っているんですよね。

夫は動物があまり好きではないので嫌がっています。
散歩に行ったりうんちを処理をしたりするのが嫌みたいなんですが、そんなんじゃあ子供がもう一人欲しいなんて言っちゃいけませんよね。
やるべきことは子供と同じというか、動物を飼う以上に大変なのにどうするつもりなんだ。まさか私にすべてまかせるつもりかと考えると当分子供はいらないなと思います。

もう少し夫が協力的になったら考えますね。
father_kids

☆私の活動日記☆Let’s cooking

あー今日も蒸し暑かったです。
最近は雨ばっかりでなかなか晴れないけど、晴れれば湿気が多くて蒸し蒸ししています。ベタベタで自分が汗臭い…泣
最近の私というと、まだまだ新米の子育てママ。子どもと遊ぶ、子どもと寝る、ご飯を作るetc…なにせ、まだ実家に居候しているので、甘えてばかりです。
でも、料理は好きだから、子どもが上手いこと寝ていてり、ぐずらず遊んでいる時、家族が見ていてくれる時は、夕飯の準備をします。

最近近所の人等から栗を頂いたので、栗の渋皮煮を作りました。厚皮をむくのにも時間がかかるし、作るのにも時間がかかります。一人身の時は丁寧に時間をかけて作るのも苦ではなかったけど、やはり分身がいると、いつ呼び出しがかかるかわからないので、ヒヤヒヤものです。
渋皮煮は何回も下茹でし、アクを抜きますが、あんまり強火でゴトゴトにちゃうと、煮崩れしてしまうし、弱火でやっちゃうと、アクが抜けきれない感じがあって、火が加減が微妙なところです。火加減の調節と、4~5回水を入れ替えないといけないので、超面倒。だけど、なんだか楽しい♪♪
料理はやっぱりたのしですね。
渋皮煮の延長で、夕飯もチャチャッと作っちゃいました。

今年の渋皮煮は2回目で、今回は渋皮煮を使って、パウンドケーキを作る予定なのです。(母のリクエストで!!)私も食べたいし。が、しかし、分身次第なところもあります。抱っこや、おんぶしてでもやれるけど、暑い暑い。それに何より重い重い(笑)腱鞘炎、最後の最後がなかなか治らないです。
分身がもう少し1人で遊べれば、もっと料理やお菓子作りに時間を取ることができるんですが。そしたら、家でダラダラする時間が減り、行動的になれる気がします。育児に追われていると、つい何もしたくない病になり、ゴロゴロするばっかりなのですが、好きなことをして楽ししい時間を過ごしていると、充実した生活がおくれそうです。
分身が大きくなったら、一緒に作りたいですね~。教える下手だけど、手取り足取りでなんとかなるかなぁ。早くそんな日が来るといいです。
373042s

自宅で出来るめっき装置でアクセサリが直りました!

最近、友達がアクセサリのめっきを自分で直せたよーと喜んでいました。
方法を聞くと自宅で使えるめっき装置を買ったというんです。
そんな本格的なもの買ったの?と聞くと、「ううん。めっちゃ小型の電池で動くやつ」と言われました。

めっきが電池?
なんかよくわからないので、友達の家で見せてもらうことにしました。
「何かめっきしたいもの持ってきなよ」というので、めっきの剥がれているペンダントを持って行きました。

自宅で見せてもらうと確かにおもちゃみたいな装置。
一見は子供用のおもちゃ?と見間違うくらいです笑。
でも本人のテンションが高いのでしばらくその熱弁を聞いていました笑。

実際にめっきしたというアクセサリを見せてもらいました。
この前、銀のめっきが剥がれて嘆いていたブレスレットのチャームが綺麗に直っています。
「ほんとだ」これがこのおもちゃみたいなめっき装置で直るの?とまだ半信半疑です。

そのめっき装置のキットには溶剤がいくつかあって、最初は金属磨きの溶剤をかけてただひたすら磨いていきました。
私のペンダントはもう完全にめっきが剥がれていて、形上の隙間もあまりなく無く綺麗に磨けました。

次はいよいよめっきです。
別の溶剤をペンダント全体に塗ってめっきをしていくそうです。
ここは友達にやってもらいました。

本体から伸びている電気が流れるクリップをペンダントにくっつけて、ペンの形をした本体をペンダントに塗っていくと・・めっきが塗られていきます!
「え〜!」さすがにこれはちょっと驚きました。

銀のめっきがペンでどんどん塗られていきます。
見事に元通りの銀のペンダントに!
「ほらめっきできるでしょ〜?」友達は自慢げです。
最初に塗った溶剤と本体から出てくる銀のめっきがくっついてめっきになるそうです。
友達も「それ以上のことはわかんない」と言っていましたが、めっきが綺麗に塗れています。

価格も1万円程度なので、さっそく私も買いました。
これでいろんなアクセサリのめっきが直せてすごく嬉しいです。