作成者別アーカイブ: reo

自宅の窓から、工事現場で働く人々を見ていて思ったこと

最近は、自宅の近所で工事をしているらしく、大きな音が日中ずっと聞こえてきます。道路工事のようで、道を整備していました。自宅の窓から眺めていると、人が地道に大きな石を担いで移動させていたり、ある人は大きな機械を使って道路に穴をあけていたりしていました。
そんな光景を見ていると、自宅でデスクに座り、パソコンに向かって仕事をしている私はなんて気楽なんだろうと思いました。工事現場で働いている人は天気に左右される環境で働いています。雨の日もあれば、風の強い日もあります。そんな日は、普段よりももっと同じ量の作業量をするのに時間がかかり、身体的にも負担があるでしょう。
一方で、自宅で仕事をしている私は、天気に左右されるのはほんのわずかです。嵐の時にインターネット回線が時々支障が出るというくらいです。普段は天気に関わらず、自分の快適な環境を自分で作ることが出来ます。
私の仕事が捗らないという時は、その理由には私自身のやる気や能力が一番関係していると思います。自分の努力次第で向上することができます。そう考えると、なんて恵まれた環境で仕事をしているんだろうと思えてきました。
今までは、仕事で不条理なことや不合理なことをストレスに感じて、仕事のやる気を失っていました。自分で選んだ仕事とはいえ、想像していた以上の大変さ、複雑さを感じて、自分に出来るのか不安を感じていました。

でも、私の仕事で考えられる不条理なことは、工事現場で働く人にとってはもっと日常茶飯事なことだと思いました。私が抱えている不条理なことは、彼らにとってはほんの些細なことでしょう。わずかなことに目を向けて、不満をいう私はなんて器の小さい人間なんだろうと思いました。
彼らは、常に天気という自分がコントロールできない環境で働いています。その中で、与えられた仕事をしているのです。それを考えれば、私は自分でコントロールできるものが仕事上でたくさんあります。不満に思うことはゼロにすることはできませんが、自分が望んでいた仕事をしていること、そして自分のある程度の裁量が与えられていることに感謝しなければいけないと感じました。

今日は、天気がよくて、工事の音をきっかけに外を眺めていた場面で、自分の環境のありがたさについてしみじみ考えられました。不満やストレスはどんな環境であれ、全くなくなることはないでしょう。今自分の環境で、自分の最善を尽くすことで恵まれている事実に感謝したいと思います。

歯のホワイトニングについての感想

月に1度歯のクリーニングに通っていたころ審美歯科、歯のホワイトニングの事をしりました。自分も白い歯になりたいなぁとずっと思ってました。もともとタバコは吸いませんが、だんだんと黄ばんでいくような感じがあったんです。美容歯科や歯医者さんにするかは迷いました。実際田舎には、ホワイトニングでメジャーな歯医者すらなく、地方都市まで車で、3時間近くかけて選んだのがホワイトニングも取り扱う歯医者さんでした。まず歯の白くなる度合いのサンプルを見せて頂きました。12色ぐらいありました。黄色みがかかっている自然色から真っ白、ブルーがかった白など、私は不自然と思われないように普通の白を選びました。プラスチックを歯に装着してその中に白くなる薬が入っているいたいです。20分から30分たてばホワイトニングは終了です。

1か月ぐらい時間をおいてから3回ぐらい通いました。3回セット価格で約40000円ぐらいだったと思います。ちょっとたかいなぁと思ったりもしましたが、金額の相場はそのぐらいみたいでした。また、自宅で出来るホワイトニングもあるようで価格もリーズナブルらしく人気があるようでした。眠る前に歯にプラスチックを朝まで装着して眠るだけらしです。8時間外さないようにはしなくてはなりません。現在5~6年たちますが歯の白さは継続しているみたいです。初対面の人から歯が綺麗ですねと言われるたびに嬉しく思います。ホワイトニングをやってよかったなあと心から思います。
気になる歯医者選びですが、やはり審美歯科で実績があるところを選んだほうが良さそうです。通っている最中は、コーヒーやタバコは控えたほうがよろしいでしょう。
色が着色してしまってはもったいないです。女性だけではなく最近男性も審美歯科に興味を示していると聞いたことがあります。サービス業の方営業マンなど人とかかわりのある接客業の方、タバコのヤニなどを気にされている方は特に興味をもつらしいです。白く素敵な歯でいつでも笑っていたいですね!

http://whiteningnet.com/shop/sunday_nakamozu/

アラフォー女性が夏を満喫する旅行とは!?

アラフォー女性二人で、夏の旅行を企画しました。
年齢を重ねるごとに、歩くのが億劫になり、人混みが面倒になり、暑さが我慢できなくなります。

さて何をしようかと考えた挙句、「人混みに出かけずに涼しい所で夏らしいイベントに参加したい」というわがまま極まりないテーマが決定しました。
夏らしいイベントと言えば「海」「夏祭り」「花火」などでしょうか。
まず、「海」は日焼けの面から考えても無理だし、いまさら水着になんてなりたくないということで却下。
続いて夏祭りですが、どう考えても「人混み」と「暑さ」から解放されるとは思えず却下。
最後に残った「花火」に関しても、「夏祭り」と同じことが言えますが、それなら冷房の効いたホテルでお酒でも飲みながら花火を眺めるというのはどうだろうという話に落ち着き、早速、宿の手配をはじめました。

しかし、考えることはみな同じ。
手配を始めたのが、かなり遅かったため、すでにどの宿も満室です。
やっと1カ所だけ花火が見える場所で、花火当日に空いている宿をみつけ、予約しましたが、通常料金のほぼ倍の値段だと伝えると、友人は渋い顔。
最後には「別に花火なんて見なくても・・・」などと言い出す始末でしたが、なんとか説き伏せ、決行するに至りました。

場所は「瀬戸内国際芸術祭」が開かれている香川県の小豆島です。
花火は夜なので、それまでは、芸術祭の作品でも見て回ろうということになりました。
もちろん島の移動は年配女性にとっては大変ですので、レンタカーを利用しました。
しかし、芸術作品は、島に点在しており、しかも駐車場からかなり離れているものが多いため、車で乗り付けることはほぼ不可能。
結局は、歩いて作品を観て回る羽目になります。

確かに暑いし、きつかったのですが、これが案外楽しいのには、自分でも驚きました。
子供の頃、大量の汗をかきながら走り回った夏休みの感覚を思い出します。
美しい山や海に囲まれた景色の中に置かれた芸術作品には、独特の雰囲気が漂い、美術館で見る芸術作品では感じられない魅力にあふれていました。
ただ、食事場所が異常に混んでいるのだけには、閉口しました。
歩き回って、やっとお昼にありつけると思ったら、整理券を配られ1時間30分後に来てくださいと言われた時には、気を失いそうになったものです。
でも、これは芸術祭が価値あるイベントだという証拠でもあります。
しかも、待ったかいもあってか、その食事は新鮮でおいしく、期待以上のものでした。
特にお米のおいしさは格別でした。
夕方早めに宿に入って、お風呂も食事も早めにすませて、準備万端ととのえて、花火が開催されるのを待ちました。

最初にあがった、花火の大きさと美しさ、その感動は今でも忘れられません。
しかもビールを飲みながら、帰りの混雑を気にすることなく眺める花火は格別でした。
あんなに文句を言っていた友人も、完成を挙げながら花火に見入っていました。
約1時間ほどでしょうか、思い切り花火を満喫し、高揚した気分のまま、いつの間にかぐっすり眠っていました。
まさに至福の時でした。

帰宅の船の中で「年を重ねるとものごとを楽しむのにはお金がかかる」という話で盛り上がりました。
若い頃は、暑かろうが寒かろうが、何時間だって歩けたし、一晩寝れば元気になれたし、スケジュールをどれだけ詰め込んでも平気でした。
今では自分の体力と相談して、無理な部分はお金を支払って補うことが必要になります。
でも、若いころには理解できなかった「じっくり楽しむ」という楽しみ方がわかるようになり、観光地をいくつも訪れることよりも、自分たちが本当に楽しいものを追求することに重点が置かれるようになってきました。
それに出発する前はあんなに敬遠していた「暑さ」や「人混み」も案外楽しいということに気づかされたりするという驚きもありました。
こんな「大人の旅」も案外悪くないかもしれませんね。(^^♪

「黄金のデュオ」による演奏で、バイオリンとピアノの良さを改めて実感

ミューザ川崎シンフォニーホール(神奈川県川崎市)にて開催された、バイオリニストの矢部達哉さんとピアニストの横山幸雄さんによるデュオ・リサイタルに行ってきました。
当日の曲目は、ベートーヴェン「バイオリンソナタ『クロイツェル』」「ピアノソナタ『熱情』」、休憩をはさんで、シューベルト「即興曲D.899より第3曲」、ショパン「華麗なる大円舞曲」、フランク「バイオリンソナタ イ長調」でした。クロイツェル・ソナタとフランクのソナタがピアノとバイオリンによるデュオで、他はピアノソロです。アンコールにはフォーレ「夢のあとに」、ドビュッシー「前奏曲第2集より第6曲『風変わりなラヴィーヌ将軍』」、マスネ「タイスの瞑想曲」が演奏されました。
以下、リサイタルで感じたことをあげておきます。

矢部さんと横山さんがデュオを初めてデュオを組んだのは20年ほど前で、それ以来たびたび共演しています。それだけにお二人の演奏には単に「息が合う」という次元を超えたものがありました。お互いの持ち味を引き出し、うまく組み合わせながら演奏しているような感じです。矢部さんの伸びやかで透明感のある音と、横山さんのじっくりとしていて深みのある音が巧みに合わさって、まさしく「黄金のデュオ」と呼ばれるにふさわしい世界を築き上げていたように思います。
当日の演奏の中では特に、フランクのバイオリンソナタと、アンコールで演奏した「夢のあとに」、「タイスの瞑想曲」が秀逸でした。

演奏の合間にはお二人によるトークが繰り広げられました。トークには漫才やコントを思わせるようなところも感じられ、付き合いの長さや深さがよく表れていました。
特に印象に残ったのは、矢部さんの「いぶし銀」という発言です。「黄金のデュオ」に引っ掛けた言葉で、年月が経てばやがていぶし銀のように深みや渋みのある演奏になる、といった意味合いが込められていると私は理解しました。
お二人とも40代後半、演奏者としては一番脂が乗っている時期なので、老け込むにはまだ早すぎるような気もしますが―。ともあれ、年月を重ねるにつれてどのように演奏を深めていくかが楽しみです。今後も時折お二人のデュオを聴きに行ってみたいと思いました。

横山さんのピアノソロで特によかったのは、シューベルトの即興曲です。ライブで何回か聞いたことがある中で、今回の演奏が一番よかったと思います。演奏した曲は低音のアルペジオ(分散和音)の上に高音の歌うような旋律がのっているのが特徴ですが、低音の力強さが勝ちすぎてしまうことがなく、高音とのバランスが取れていて、曲の特徴が十分生きていました。

振り返ってみると、バイオリンとピアノによるデュオは、これまでライブでほとんど聴いたことがありませんでした。でも今回のリサイタルでバイオリンの良さ、そしてピアノとのハーモニーやコラボレーションのすばらしさを改めて実感できたような気がします。

レンタル絵画は、さまざまな便利なサービスを行っています

リビングや玄関、オフィス、店舗など、室内に「絵画」が飾ってあったら、目に留まる方も多いのではないでしょうか。
絵によっても、その空間の雰囲気はガラリと変わります。
また、季節の変化や気分で絵を違うものにするということも、素敵です。
しかし、「絵画を飾るのは憧れるが、買うとなると高いのでは?」と、誰もが疑問に思うかも知れません。
確かに絵画には、安価なものから大変高額なものまで存在しますが、どちらにしろ、たくさんの種類を揃えるということは、難しいであろうと思います。
そこで、登場するのが「レンタル絵画」です。
いったいどのようなサービスなのでしょうか。

「レンタル絵画」とは、その会社が所持するたくさんの絵画の中から、気に入ったものを選び、一定の期間レンタルするサービスを指します。
レンタルが決まり、運搬後には、取り付けも行ってもらえ、3か月、6か月、1年など、借りる方の希望に合わせることが出来ます。
1つの絵画だけでなく、複数の絵画を借りることが出来ますので、季節の変化に合わせたり、雰囲気を変えたいときなどには、この方法もおすすめです。
絵画というと、大きい絵をイメージするところですが、サイズもさまざまにあり、飾る場所に合わせて選定が可能です。
https://kotobank.jp/word/%E7%B5%B5%E7%94%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9-162132

技法別・作家別・イメージ別・価格別・サイズ別など、お好みで選定が可能であるというところも、利用しやすいのではないでしょうか。
また、この空間には、どのような絵画が似合っているのか、コーディネートを行うサービスも展開している会社がありますので、プロにお任せすることにより、より一層心地よい空間を築けるのではないでしょうか。

実際に、どのような場所で利用されているかというと、店舗や公共機関、学校、医療機関、介護施設など、さまざまな場所で活用されているのが現状です。
特に、医療機関や介護施設では、心の安らぎはとても重要です。
癒しの手法の一つとして、取り入れている施設がたくさんあります。
患者さんや入居者に方はもちろんのこと、そこで働くスタッフにも良い効果を生み出すに違いありません。

絵には人の心を引き付ける不思議な力があります。
施設や店舗はもとより、自宅で絵画を取り入れるなど、利用してみてはいかがでしょうか。


旅先のガソリンスタンドで救われた話

子どもと二人で少し遠出をした時の話です。数日前から何となくスピードが出ないなぁという感じはあったのてすが、前輪の2つのタイヤを交換したせいかなと思い、あまり気にしていませんでした。

その日は、高速道路を40分程度走ってから一般道路を走り、ショッピングモールに行く予定でした。よく晴れており、高速道路も空いていました。走り慣れた道でしたが、アクセルを踏み込んでもやはり、加速はいつもより少し悪いかなという印象でしたが、ほかに変わった点はなく、音楽を聴きながら通常運転でした。

車種はホンダライフDIVAで2012年に新車購入しました。パンフレットの燃費は21km/Lと書かれていましたが、実際私の運転では11km/Lくらいと、軽自動車にしてはかなり悪いという印象です。特にちょっとした坂道でもアクセルをベタ踏みしなければならず、山道などは時速30kmくらいからなかなか加速しません。ポンピングしてアクセルを踏むと少し加速が改善しますが、以前乗っていたダイハツの軽自動車に比べるとパワー不足です。
しかし平坦な道では加速良好、乗り心地も良く、エンジン音もホンダらしさの低音で気に入っています。車内の装飾やシートの座り心地もよく、燃費と坂道の加速不足を除くと、乗り心地の良い車で気に入っています。メーター機器や室内装飾のライトはブルーに統一されていて、夜の運転も楽しいです。

高速道路を降りてしばらく走り、ガソリンスタンドで給油しました。いつもはセルフスタンドを利用していますが、この時は外出先で土地勘もあまりなかったため、やむおえず近くにあった有人のガソリンスタンドに入りました。給油してもらっていると、店員さんから意外な一言を聞きました。「後ろのタイヤ、パンクしてますよ」「…えっ?」そんなはずありません。だってたった今、高速道路を走ってきたんです。そこそこのスピードを出して…。降りてタイヤを見てみると、後輪のひとつがやんわりと横に膨らんでいます。これまで自転車のパンク程度しか経験していなかった私…。車のパンクというとバーン!とバーストしてハンドル操作ができなくなるようなイメージでしたが、このタイヤ…。いつもの姿勢正しく固まっているタイヤと違い、でーんとお相撲さんのお腹のように膨らんでいます。店員さんが釘のようなものが刺さっているのを見つけてくれました。タイヤは即、交換してもらいました。そうか、それでスピードがいまひとつ出なかったのか…多分数日前からパンクしてたんだ…。

いつもセルフスタンドでガソリンを給油していて、車の点検は車検かオイル交換の時くらいでした。それに前タイヤ交換したばっかりだったし、完全に油断していました。もしこの時見つけてもらわなかったら、帰りの高速道路でどんなことが起こっていただろうと、ぞっとします。そしてガソリンスタンドの方に感謝しました。車の点検、大切ですね。セルフスタンドを利用することが増えたので、車のことは素人な私、これから時々は有人のガソリンスタンドで点検してもらおうとおもいます。

バッテリー上がりする原因トップとは?

普段車に乗る人であれば、多くの方が経験したことがあるのが「バッテリー上がり」ではないでしょうか?急にエンジンがかからなくなってしまって、ナビも動かなくなったり、ライトもつかなくなってしまったりと、パニックに陥ってしまいますよね。そんなバッテリー上がりって、実はほとんどの方が同じような原因で起こしてしまっているのです。

最も多いのが、ライトを点けっぱなしにしていたり、ルームライトがついたままだったり、半ドアのまま放置していたりなどのつい忘れてしまいそうな小さな原因です。心当たりがある方って多いのではないでしょうか?小さなことではあるのですが、長時間になればバッテリーへの負荷も相当なものになるため、必ずと言って良いほどバッテリー上がりを起こしてしまいます。このパターンでは、バッテリーが上がるまで気付かない場合がほとんどです。

また、次に多いのがエンジンをかけずに音楽を聞いていたり、エアコンをつけていた場合です。暑い時期、寒い時期になると誰しもが何気なくしてしまう行動ですよね。数分程度の短時間であれば、簡単にバッテリーが上がることはないのですが、30分以上経ってしまうとどうしてもバッテリーが上がりやすくなってしまいます。もし車の中で長時間いなくてはいけない時があるのであれば、エンジンをかけた状態でいることをお勧めします。

とは言っても、注意をしていてもバッテリーが上がる時は上がってしまいます。そんな時のために、ロードサービスを契約しておいたり、ブースターケーブルを車に乗せるようにしておくなど、対策をしておくと良いでしょう。ロードサービスであれば、24時間無料で頼ることができますし、ブースターケーブルも使い方さえ覚えれば、初心者でも簡単に解決させることが可能です。是非参考にしてみてくださいね。

ポジティブすぎる夫に現実を教える日々です

夫が行儀悪くて何度も注意しているのですが、聞く耳を持ってくれません。
まあ家族とはいえ元は赤の他人ですし、そんな人間に生活態度を注意されてもなかなか納得できないでしょうけどね。
その気持ちはわかります。私も育ってきた環境が違う人間にやいのやいの言われるのは嫌ですからね。

なので細かいことは言わないようにしているのですが、非常識なことに関してはダメだよと注意しています。
子供がいるので手本になってほしいんですよね。

ですがそういった常識的なことでさえ聞いてくれず、最終的に怒るので困っていました。
しかしこの前夫のお母さんや妹にお話をしたところ、夫は怒られてへこんでいましたよ。
私が言うより自分の家族が言った方が聞いてくれるもんですね。
散々責められて、しょんぼりしていました。
私はかねてから怒ってもらおうと計画していたのですが、私が夫の行儀の悪さを告げ口し始めた時の夫の顔が忘れられません。
真顔で私を見ていましたよ。
なんで言うの?マジで?とでも言いたげな顔で、何度思い出しても笑えます。
私に怒られるのは怖くないし鬱陶しいだけだけれど、お母さんと妹には怒られたくないんでしょうね。
怖いのだと思います。
その後、怒られている時はずっと遠くの空を見ていましたからね。
夜になってなんで俺があんなに怒られなきゃいけないんだとグチグチ言っていましたが、怒られるようなことをするのが悪いのだと教えてあげました。
それにしても大人になって行儀が悪いと叱られるなんて恥ずかしいことですよ。
本人にも恥じてもらいたいんですが、ポジティブなのでなかなか自分を責めてくれません。
いつまでも子供のような自分はかわいいでしょと思っていそうなんですよね。
男性ってこういったやけにポジティブで自分に自信がある人が多いですよね。
少しは冷静に自分を見つめたりしないのだろうかと思いますよ。
夫にたいしては、大人の男をかわいいなんて誰も思わないからねとはっきり言っています。
ポジティブすぎるのも考えものですよ。
rikon

歯科医院に最後に行ったのは確か20代後半だったかな・・

私は母親に似て、生れつき歯が丈夫です。

でも今のように3度の歯磨き実行世代ではないので、子供の頃は夜に歯を磨く習慣もみんななかったし、学校に歯ブラシを持って行くということもなかったし・・朝起きての歯磨きだけでした。

それ故に当然虫歯くらいはありました。奥歯に何本かですが。
20代後半に左下の奥歯が根っ子だけになってしまい、それでも痛くはなかったのですが、仕方なしに歯科に行きました。

そこから随分の年月が過ぎた去年、歯石が気になり、それに伴って口臭も気になり・・またまた仕方なく歯科に行ったのでした。
その歯科医は驚いていました。私が○○年歯医者に罹ってないのを知って。。「歯が丈夫なんですね・・・虫歯治療はありませんでした。新たに出来た虫歯はなかったのでした。
私の母親は高齢になっても入れ歯は1本もありません。

母の親・・祖母も最後は前歯だけさし歯にしてましたけど、入れ歯ではなく自分の歯でした。
遺伝ですね・・歯だけでなくて骨も丈夫です。

虫歯治療が必要でなかった私は歯石を取るだけで、初めは2週間おき、段々ひと月になり・・今では3か月に一度、歯石の除去に行っています。
この歯科医はまだ開業してそれほど経っていませんし、ドクターが若いので、人によってはもっと年齢の重ねた・技術も長けている歯科医の方がいいと言いますが、私は何となく相性もよくて、感じもいい先生なので「ずっとここでいい」と思っています。

医院も綺麗だし・・昔は歯医者ってあまりなくて、地域で二つしかなかったのに、今はちょっと歩くと歯科医院の看板
増えたこと増えたこと・・人口の増加に伴って。
歯科医だけでなく、内科も増えましたけど。

歯科医と言うと、私は思い出す人がふたりいます。
ひとりはもう廃業したと噂に聞きました。

もうひとりは大きな病院の勤務医だったのですが、地元に帰り開業。
この人は私と同い年なので、まだ続けていると思いますが・・廃業した歯科医は本当に変わっていて、技術は確かなのかもしれませんけど、私は万が一歯が超痛くなっても、絶対罹りなくないと思うような人でした。
これだけ歯科医が増えたら、口コミも怖ろしいものがあります。
我家は母は歯が丈夫ですが父が正反対なので、父に似た兄は歯が悪く可哀想です。
私は母に似たことに感謝です。

多分おばあさんになっても自分の歯でいられると思っています。

パソコンは生活の一部です。

私が高校生だった頃に、やっとパソコンが家庭にも普及し始めました。
商業高校だったということもあり、Word、Excelの初歩的なことを習い、検定も取ることが出来ました。
昔はダイヤル回線でなかなかつながらなかったり、光サーバーにしないと動画が止まったりと不自由することもありましたが、今はそんなことを感じることもないです。

主に仕事で使う、YouTubeを見る、好きなTV番組のHPを見る、気になることを調べるときに使う、音楽を聴く・編集する・フェイスブックを書くということが多いです。
スマホも普及していますが、毎日使っているので圧倒的にパソコンで入力する方が早いし、画面も大きいので動画も見やすいので、パソコン派です。特にブログやフェイスブックなど長くなる文章を作る時はパソコンを使用しています。
自分で趣味の名刺を作ったり、シールを作ったりするソフトもあるので、一時期はすごくそれにはまっていました。もちろん年賀状もパソコンで画像編集して作っています。

今までは当たり前のように仕事などでパソコンを使っていましたが、転職した先でパソコンを使えない時期がありました。その時、初めてパソコンを使って仕事をするのが得意だからやりたいのではなくて、パソコンを使う仕事をするのが好きだからやりたいのだということが分かりました。経理ソフトもパソコンですし、給与計算もパソコンでやりますからね。

今は、中途半端に止まっていたExcelの知識を伸ばすため、パワーポイントを覚えるためにパソコン教室に通っています。Excelは、覚えるほど楽しいです。関数は特に、面白いです。最初は理屈から入るので、何度も同じ説明を先生にしてもらったことか…。問題が難しくなるほど組み合わせがわからなくなりますが、それが完成した時は、ガッツポーズが出ます。

ただバージョンアップの度に買い替えないといけない、ソフトもあそこにあったあの機能は何処に行ったのだ?となりますけど。それを探すのもまた、楽しさの一つですね。見つけた時も、ガッツポーズです。